昭和二十七年以来、旧田無柔和会で鍛え合った仲間たちを中心とした田無市柔和会と保谷市柔道会は青少年育成、不良化防止と柔道発展のために長い日数を重ねてきましたが、この度田無市と保谷市の合併で柔道会も新たに西東京市柔道会として再出発しました。

 現在西東京市市民会館と保谷武道場とに分かれて練習している会員たちも、春秋の少年部昇級審査会をはじめとし交流を重ね戸惑いながらも和気あいあいの雰囲気ができてきました。都民大会はじめ対外試合にも西東京市代表として選手を派遣し、健闘しております。

 柔道は楽しみよりも絶えざる身体、精神の鍛錬を要求され技術の習得にも時間がかかるので理解されにくい面もありますが、知育、体育、徳育としての人間教育として一生をかけて究める道です。

 現在ではかつての少年たちが社会のリーダーとして活躍するかたわら柔道の先達として青少年の指導にあたっております。笑いと楽しさも加えてますます発展する西東京市柔道会を目標に会員一同、日々練習を重ねております。